イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


行政書士合格のための暗記・勉強法


試験というのは、誰もが緊張するものです。ましてや今後の生活や収入を左右するとなれば、なおさら…。

そんな中で行政書士の資格を取得し、その先は起業・独立と進む為には相応の苦労と努力が必要です。

試験合格・資格取得の為には、どんな事に留意して学習したら良いのかを簡単に紹介します。

試験の内容としては、メインとする4つの法律問題と一般常識です。

『民法』については、判例集を読んでおいた方が焦らずに済みます。

『行政法』については、用語や基本手続についてを良く理解しておくことが必要でしょう。

『憲法』は、三権分立の三権の機能と関係性を押さえておくこと、

『会社法』はなんと言っても「株式会社の会社設立」についてを明解にしておけば問題ないのではないでしょうか。

試験に向けては、上記の4つを基に自分なりの暗記・回答についての理論があると思いますが、一度はすべての問題や教材に目を通してからの学習をお薦めします。

出題範囲も広範囲に渡るため、過去問を解いてから解説を読み直すという方法は効率が悪く感じるはずです。

まず概要を押さえてから取り組まないと、途方もなく合格までの道のりを長く感じてしまうでしょう。

出題問題数も多いので、自分なりの時間配分についても事前シュミレーションをしておく方が、万全の状態で試験に臨むことができます。

そして、試験までの期間が一か月を切ったら、再度基本的な参考書の読み返しをすると習熟度が確認できます。

試験直前では新しいことに取り組んで、それが出来ないことを不安に感じることよりも、今までの成果に自信を持って臨んだ方が実力発揮に効果的です。