イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


脱サラから行政書士合格へ


脱サラをし、未来の起業を見据えるうえで、行政書士試験は人気を集めています。

また、試験に臨むにあたっても、現在は就業中である為に独学で勉強をする人も多いようです。

ですが、合格と勉強方法とは密接に関わる部分がかなり多くあるため、いくらやる気があったとしても間違った勉強方法を続けているようでは、合格の2文字は遠いものとなってしまします。

一歩踏み出すこともままならない人が多い中で、せっかく始めたのであれば合格へまっしぐらに進みたいものです。

得意な問題から手を付けていく人に多くありがちな現象としては、その問題に特化してしまうが為に他がおろそかになってしまうということです。

また、点数配分が高い部分ばかりを好んで勉強してしまうというのも同じことが言えますが、『合格』だけが目的であるならその方法も評価すべきなのかも知れませんが、今後その資格を使って仕事をしていこうと思うのであれば、最終的にはすべてを網羅しなければなりません。

得意なものを伸ばすよりは、苦手な問題を作らないことの方が、合格にも今後の仕事として使う上でも効果的です。

つまり、行政書士の出題範囲というのは試験範囲がとても広いので、どこが出題されても心配ないというような状態に自分の状態を持っていくことです。

また、脱サラから起業を目指してこの試験の受験を考えたのであれば、なかなか自分の置かれている試験への熱意と状況は伝わりにくいものですから、モチベーションを維持することも大切です。