イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


独学で行政書士合格を目指す時の注意点


行政書士試験の合格者・経験者の方の意見を聞いてみても、難しいという噂がある試験だけあって、やみくもに参考書や解説書を読み漁っての勉強をする人も多いようです。

なぜ、独学からの勉強方法が難しいかと言うと、一から自分で勉強方法を組み立てていけなければならないからです。

学校のでの勉強というのは、先に誰かから習っているものを基にして過去問を解いていくわけですが、独学であれば『習う』の部分からを自分で構築する必要があるからです。

その為、勉強法が効率的や効果的でない場合には、なかなか合格の2文字は近づいては来ないようです。

法学部で勉強した経歴がある方や、法律関係の仕事に就いていたことのある人は抵抗はないかも知れませんが、馴染みのない人が法律の勉強を難しいと感じるのは、至極当然のことと言えます。

ただし、基礎や初歩という参考書や学習書を最初に使ってしまうと、それこそ六法全書のように分厚い本になってしまい、読み進めるうえですでに挫折感を味わってしまう人も多いようです。

そんな時には、まず概要を知ることが大切です。どんな試験であるのか、どんな分野であるのか、大まかな内容を把握する為には、最初は図解の多いすぐにでも読み終えることが出来る薄めの参考書から始めることをおススメします。

全体像を掴んだうえで、自分の得意そうな分野から進めていくと、法律自体は横と縦の繋がりが濃いので自ずと理解を深めることが出来るのです。

小学生のころの教科書は、絵が多く文字が少ないものから学習がスタートしていったことを思い出し、勉強をスタートしてみてはどうでしょうか。


さらに詳しい行政書士試験の攻略法を見る場合は
↓ コチラ ↓

行政書士試験の真実!はじめて行政書士に挑戦するあなたへ