イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


行政書士ってどんな資格?


行政書士という仕事があるのをご存知でしょうか?

行政という名前の通り、法律に関連した仕事です。

さらに書士という言葉もついていますので、行政に関する文書を作成することになります。

つまり相続や不動産登記など、官公庁に提出するような書類を作って、本人の代わりに提出するまでを代行するお仕事です。

公式文書には色々な決まりがありますので、素人が作成するのは大変難しいものです。

そのため行政書士には高度な知識と経験が求められます。

行政書士の仕事は国家資格になります。行政書士試験を受けて合格するか、弁護士など他の法律関係の資格を持っているか、関連の仕事に長年従事していることで資格を受けることができます。

しかし弁護士などの資格を持っていれば行政書士の仕事はできますし、長年従事すれば資格をもらえるといっても20年以上先のことになりますので、国家試験を受けて行政書士になるのが普通です。

行政書士の試験内容は法令に関する問題が主になります。

中でも民法を中心に出題されることが多いので、試験の勉強に民法の教科書は外せません。

ほかに、憲法や商法からも幅広く出題されます。

一般知識に関する問題も出題されますが、こちらは法令文というよりも、日頃の知識の積み重ねである社会、政治、経済に関する最近の話題や、近年問題になっている個人情報に関する問題などを元にした内容が出題されます。

法令にしても一般知識にしても、行政書士の試験についてはあまりに勉強する範囲が広いので、参考書などを利用して的を絞った勉強法をすることをおすすめします。

過去に出題された問題などからその傾向と対策を練って作られた教材で勉強すれば、難しいと言われる行政書士の試験にも短期間で合格することが可能です。