イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


行政書士試験の必勝方は?


行政書士試験は毎年行われている国家試験です。受験資格は特に問われないため、毎年7〜9万人の人が受験しています。

この行政書士試験、国家試験の中でもなかなかの難関と言われており、合格率は例年低い時で6パーセント、高い時でも9パーセント台と10パーセントを切る試験です。その年の難易度にもよりますが、平均で言えば8パーセント程度の合格率と言うことができるでしょう。

合格率が平均8パーセントということは、最初の年に試験を受けた人が合格する割合が、10人に1人を切ってしまうということになります。

じっくりと取り組む必要がありますので、この試験にうまく合格するためには上手な時間の使い方が不可欠です。

少し前までは六法など法律の本を前から順に読みこんでいくというコツコツとした勉強法がスタンダードだったこの試験ですが、2006年に大幅な出題制度の改定があったため、法律の丸暗記よりも過去の判例などを元にした対応力が求められ、試験内容に沿って勉強方法も変わってきました。

出題の傾向や過去の問題を紐解けばある程度の出題傾向が見えるようになってきたため、過去の問題集や参考書などを使った「試験のための勉強法」が有効になってきています。

行政書士試験の勉強としては独学の他に、通信教育の教材を利用する、学校に通うなどの方法がありますが、過去の傾向などを知るためにも完全な独学ではなく、短期間でも何らかの教育機関の指導を受けた方が勉強の効率は良くなります。