イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


開業資格としての行政書士の勉強法


低所得時代と言われる現代で、サラリーマンとしての所得だけでは思い描くような生活が出来ないなかで、資格を身に付けたうえでの独立を考えている人も少なくないはずです。

司法試験というとかなり敷居が高い気がしますが、昨今はドラマや漫画でも紹介されている行政書士であれば、ちょっと努力すれば取得・開業できる資格として人気を集めています。

法律の資格というと取っつきにくいと感じる人も多いかも知れませんが、いくつもの通信教育の会社で資格取得の勉強法が紹介されているくらいですから、資格取得には『コツ』があるという事です。

とはいえ、れっきとした国家資格であるので、易々と取れる資格ではないかも知れませんが、特に学生の頃から暗記ものが得意だった方にはおススメです。

もちろん、試験には暗記問題が多く出題されていますから、確実に出るとされる問題こそ、時間を掛けずに覚えてしまった方が良いでしょう。

少しでも勉強したことがある方は、代理権の消滅の暗記方法というとパッと閃く人も多いでしょう。

本人と代理人と…という「シハシハキンカ〜」というものです。

歴史の年号を覚えるように、ゴロや駄洒落で覚えると頭に入ってきやすいでしょう。

試験合格までに要する時間もかなりの時間になるでしょうから、楽を出来ることは楽をする、省ける部分は省くというのが一番の合格への近道となることは間違いありません。

そして、モチベーションを維持していく為にも、合格後の自分が輝かしい活躍をしているイメージを抱くことも大切です。