イメージ画像
行政書士合格のための暗記・勉強法 独学で行政書士合格を目指す時の注意点 開業資格としての行政書士の勉強法 脱サラから行政書士合格へ
行政書士ってどんな資格? 行政書士試験の必勝方は? 独学で受ける行政書士試験 サラリーマンが受ける行政書士試験


サラリーマンが受ける行政書士試験


法律関連の試験の中でも受験しやすいといわれる行政書士試験ですが、どのような人が受験しているのでしょうか?

やはり、法律の仕事に就いている人が必要に応じて受験している資格なのでしょうか。

行政書士の受験者は、法律に係る仕事をしている人ばかりではありません。これまでまったく法律と無縁だった人たちもたくさん受験しています。

サラリーマンが仕事の合間に勉強をして、将来の独立開業のために受験することも多いのです。

また、近年は女性の受験者が多く見られます。キャリアアップをはかりたい女性もたくさんチャレンジしているのです。

行政書士は法科を専攻していた人でなくとも勉強次第で合格できる資格です。

ただし合格率はあまり高いとは言えません。2011年の合格率が平均8パーセント台ですので、10人に1人弱しか合格できない計算になります。 そのため初年度で一発合格という人は少なく、だいたい3回くらいは試験を受けることになるようです。

それでは、サラリーマンやOLの方が仕事の合間に勉強しようと思ったら時間配分はどのくらいが良いのでしょうか。

行政書士試験に合格するための学習時間は、最短で半年程度と言われています。

目安としては、1日4〜5時間勉強すればこの期間で合格できるレベルに達するだろうという指針です。

しかしお勤めをしながら4〜5時間もの時間を勉強に当てるのは大変なことです。

そこでこの半分の時間を目安とし、1日2〜3時間で1年を目標に勉強すると良いでしょう。

今は参考書や通信教育、短期集中講座など色々な勉強法がありますので、それらをうまく使って短期合格を目指しましょう。